店長日記

2018/06/23 12:09

オーストラリア特集

ども、店長です。

沖縄の次は、オーストラリアへ行ってみましょう!

オーストラリアは何がいいかというと、
日本の真下にあるので、時差がほとんどない。時差ボケなし。
国が広いので、いろいろなテイストの場所がある!

などなど。広〜い国なので、1回の旅行では味わいきれない!
ということで、どこに行こうか?!
選ぶ参考にしてください★

では、早速

■□■□■□■□

いろいろなテイストの場所がある。
スタイリッシュな地域がいいなら、シドニーやブリスベン
海〜〜!!って感じの場所なら、ゴールドコースト
緑が多くて、住みやすい落ち着いた場所なら、パース・・・。

場所によって、こんなにも違うんだ〜って感じです。
ゴールドコーストでは、サーファーとか「海」って感じの人が多いので
街中を裸足で歩いている人もいるくらい。そこから近いのに、ブリスベンとなるとちゃんとスーツを着ている人が颯爽と行き交っています。
すごい違いですよね〜


日本から飛行機で一番近い(多い?)
ケアンズの紹介。

■□■□■□■□

オーストラリアの右上あたりが、ケアンズ。
熱帯雨林気候なので、年中暖かい場所です。

ここの観光スポットの王道は、キュランダですかね。
といっても、世界遺産の熱帯雨林なので「見どころ!」というのか
大自然を味わうというのか、人によっては、物足りなく感じるかもしれません。
でもキュランダ鉄道は、旅の醍醐味を味わえるのでオススメです。
(写真はこのキュランダ鉄道)

ケアンズには海水浴場みたいなところはないので、
海に入りたい!!マリンスポーツ〜!! というと、
船でドーンと離島などに行くことになります。
そこで「グリーン島」を選ぶ人が多いのですが、混んでいるし高いので
片道45分の無人島 フィッツロイ島やフランクランド島がオススメです。
無人島なので、日帰りですが、島に上陸してマリンスポーツを楽しんだり
ツアーガイドさんが、浜を歩きながらいろいろ説明してくれたり。
海を満喫できます。

もっと海!といえば、なんといってもここは
グレートバリアリーフがありますから、
ダイビングしちゃいましょう。
( *´艸`)
ダイビングスポットもいろいろですが、魚影が濃い。
ワクワクしますね。

でもやはりダイビングは・・・。という人には、
手軽に海の中で呼吸できる「シーウォーカー」などもあります。
うちの母親は、これをやって大ハッスルしたそうです。

わぉ。
長くなってきたので、ひとくぎり。


過去ログ

2018.10.10
水分摂ってますか〜?
2018.09.22
珈琲?紅茶?
2018.09.18
9月後半
2018.09.04
9月になりましたし。
2018.08.29
またか!
2018.08.20
かみね動物園
2018.08.13
もういいか(笑)
2018.08.11
ゴーヤオススメレシピ 5 ジャム
2018.08.08
ゴーヤオススメレシピ 4 佃煮
2018.08.02
ゴーヤのオススメレシピ 3 揚げ焼き
2018.08.01
ゴーヤのオススメレシピ 2 withきくらげ
2018.07.27
ゴーヤのオススメレシピ 1 クリチー和え
2018.07.25
ゴーヤのわた&種 
2018.07.21
ゴーヤ茶
2018.07.20
店長農園
2018.07.10
オーストラリア特集 6 最終回
2018.07.06
オーストラリア特集 5
2018.07.01
オーストラリア特集 4
2018.06.29
オーストラリア特集 3
2018.06.26
オーストラリア特集 2
2018.06.23
オーストラリア特集
2018.06.22
ワーホリのすすめ
2018.06.17
肋骨
2018.06.14
食育講座
2018.06.08
おなかの引き締め5
2018.06.06
おなかの引き締め4
2018.06.02
おなかの引き締め3
2018.06.01
おなかの引き締め2
2018.05.28
おなかの引き締め
2018.05.25
沖縄のすすめ 7
2018.05.24
沖縄のすすめ 6
2018.05.22
沖縄のすすめ 5 石垣島
2018.05.19
沖縄のすすめ 4 ダイビング
2018.05.16
沖縄のすすめ 3 〜食べ物シリーズ〜
2018.05.15
沖縄のすすめ 2本島
  次のページへ »
ページトッへ